食育活動

ハレアカラの運動療法の一つとしてバルシューレをご紹介いたします。

バルシューレはドイツ最古の大学の

ハイデルベルグ大学(創立1386年)で開発されたボールプログラムです。

北海道では国立北海道教育大学で最初に取り入れられ​、実践と研究の上、現在はバルシューレ北海道が教育・指導を行っています。

ハレアカラはバルシューレ北海道と連携しバルシューレを通して療育に活用しています。

 幼児期~児童期は人生の中でも運動能力の発達において非常に重要な時期であり、脳重量においては成人の約90%に及ぶ重量はこの時期に形成されます。 

バルシューレは120種類を越えるボールゲームを通して様々な体の動きを経験するプログラムであり、児童期の発達的特徴に合わせた運動教育になっています。

​ハレアカラでは月に1度の食育実習を行っております。 みんなで各自の担当を設け、楽しく調理しみんなで食事をとることで作ることから食べる事の大切さを伝えております。

ご家族様からも家では食べないメニューもハレアカラではおかわりするお話を聞いて驚きの声を頂いております。

​野外活動

​ハレアカラでは月に数回の野外活動を行っております。 みんなでおでかけし学ぶ大切さを伝えております。

お友達との接し方や集団行動の大切さを実際に活動を行う中で学ぶことができます。

野外での調理実習もあったり色々なお楽しみが人気の活動です。

CONTENT

​バルシューレ

ハレアカラでは、療育の推進にあたり

単に預かるだけの施設ではなく、お子様一人一人の特徴に合わせた個別指導を充実させております。

 お子様にご不安な点がありましたらお気軽にご相談頂き、快適な日常生活が送れるようにご支援いたします。

     【豊富な講師陣】

 ちょっと言葉の扱いが上手にできないお子様には言語聴覚士の先生と一緒にお話が楽しくなる練習を!

 多感な時期にはその子に合わせた教育を知る為に臨床心理士の先生と得意な事と不得意な事を知ろう!

 日常生活の基本行動を楽しく学び快適な日常生活が送れるように作業療法士の先生と作業活動!

 心にすこし不安な気持ちがあるお子様の頼れる相談相手として精神保健福祉士の先生が強力サポート​!  

専門療法

​ハレアカラでは月に1度の食育実習を行っております。 みんなで各自の担当を設け、楽しく調理しみんなで食事をとることで作ることから食べる事の大切さを伝えております。

ご家族様からも家では食べないメニューもハレアカラではおかわりするお話を聞いて驚きの声を頂いております。

食育活動

Home us:ハレアカラ 

Call us:

​(011)398-9955

Find us: 

​北広島市美沢3丁目13-2